2021年12月22日

TQコネクト株式会社


入院中から退院後まで患者様をサポート
患者様と病院間のコミュニケーションツールとしての活用を検討
退院後のリハビリテーションや食事・運動のアドバイスも


TQ コネクト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社⻑:五木 公明)は、藤沢湘南台病院(所在地:神奈川県藤沢市肴倉2345、院⻑:熊切 寛)に入院している患者様向けに「TQ あんしんタブレット」を提供する実証実験を始めましたのでお知らせいたします。患者様は「TQ あんしんタブレット」を活用することで、入退院時に必要な手続きなどの情報が得られるほか、退院後には運動、食事、生活習慣等の日常生活の助言から、メンタル面の相談を含めた社会復帰へのサポートまで幅広いサービスを享受でき、病院とのコミュニケーションツールとしての役割を持たせます。
今後は今回の実証実験を踏まえ、全国の医療機関向けにサービスを展開するなど、検討を進める方針です。

【本実証実験の概要】
実施期間:2021 年12 月1 日〜2022 年2 月28 日
実施場所:藤沢湘南台病院
【実施体制】
全体統括:TQ コネクト株式会社
協力企業:藤沢湘南台病院

■ 提供する「TQ あんしんタブレット」
あんしんタブレットは、掲載されているサービスを利用することができます。サービスの中には、詐欺やトラブルへの対応、健康相談など、専門家に直接つながるサービスのほか、様々なWeb サービス、例えば、自宅でできるエクササイズ動画の視聴、動画での料理レシピの提供、各種検索等があります。
タブレット操作の利用/習得をサポートすることで高齢者に対し、インターネットを活用して、社会とつながることの便利さや楽しさを実体験して頂きます。


※「あんしんタブレット」は、アイラ株式会社が提供する「ささえi コミュニティ®」の専用端末「hoam®」のTQ ポータルサービスにて利用する際の名称となります。
※「ささえi コミュニティ®」及び「hoam®」は、アイラ株式会社の商標です。


■長期ビジョンで取り組むテーマと、貢献するSDGs
 東急不動産ホールディングスグループは、2021 年に⻑期ビジョンを発表しました。「WE ARE GREEN」をスローガンに、誰もが自分らしく、いきいきと輝ける未来を実現します。価値を創造し続ける企業グループをめざして、重視する社会課題から抽出した6 つのテーマに取り組み、SDGs の達成に貢献していきます。

≪ 本リリースにおける取り組みテーマ(マテリアリティ) ≫

≪ 貢献するSDGs ≫

東急不動産ホールディングスグループ 「長期ビジョン2030」について
tfhd_groupvision2030.pdf (tokyu-fudosan-hd.co.jp)


 

 

PAGE TOP